• top
  • >
  • 市民研究員募集

市民研究員募集

  • 環境に関心のある方へ、「市民研究員」に参加される方を募集中です。

    市民研究員制度とは、ごみ問題は行政のみならず市民の視点から多くの方に参加していただく必要があるとの点から、設立されたものです。 従来はごみ減量を中心に活動してきましたが、昨今の地球温暖化の防止への取り組みの必要性を受け、新たなプロジェクトも立ち上げました。現在6つのプロジェクトチームがあり、活動中です。
     また、平成29年度には、「吹田ごみ物語」の編集プロジェクトチームを立ち上げました。詳細はこちら。
     市民研究員として、これらの活動に参加していただける方を募集しています。 ご参加いただける方は申し込み用紙に記入してお申し込み下さい。 申し込み用紙をダウンロード
  • しみんけんきゅうニュース

 市民研究員にならないまでも施設案内やイベント、環境学習支援のお手伝いをしていただく「くるくるサポーター」も募集しております。
 また現在、環境団体等で活動されている方におかれては、しみんけんきゅうニュースへの情報のご協力も歓迎します。
しみんけんきゅうニュース詳細

参加のメリット

  • 様々な人との出会い・勉学の機会
    特に中高年の方の場合、プラザに来て報告書やニュースを書くことにより、文章やパソコンに詳しくなった方が多くおられます。
  • 環境に関する研究・発表の機会
    個人では難しい、環境に関する研究・発表の機会があります
  • 学習支援・出前講座の活動
    小中学校・公民館への学習支援・出前講座などにも行きます。
  • ニュースの編集
    ニュース記事の執筆は文章力の向上になります。
  • 大学の先生に主担研究員になってもらっています。
  • 市民研究員は必要に応じ主担研究員の大学の先生のアドバイスをいただくことができます。
  • 小額ですが、出前講座や事業参加には経費が支出されます。
    自主的な会合や普段の勉強には支出されません。

活動例

  • ①定例会に出席します。(先生が来られ指導をいただく時もあります)
  • ②参加できる日や決まったことはメール等で相互に連絡を取ります。
  • ③イベント会場でのごみ減量や学校・公民館での環境学習支援に出向きます。
  • ④その他、聞き取り調査、市役所で開催される会合出席、ちらしパネル作りなどをします。
  • ⑤ニュースに活動内容の記事を執筆します。
  • 活動においては仲間同士で事前のメール巡回をして意見を求めて進めていくことが多くあります。
    勤労者世代の方は平日の参加は難しいかと思いますが、メール上での意見、資料の提出等などの形で参加していただくのも貴重な戦力です。
    なお学生から参加できます。
  • 現在6つのグループがありますが、有志が集まれば新たなグループを立ち上げることが出来ます。

<各PTの今年の抱負記事>

平成24年度
4ページ(ニュース24年1月再掲)
平成25年度
2ページ(ニュース25年4月再掲)
平成26年度
4ページ(ニュース26年1月再掲)

<参加者の声 ニュース記事より>

参加者の声 平成20年度
7名
参加者の声 平成22年度
5名
参加者の声 平成23年度
10名 2ページ
参加者の声 平成24年度
6名 2ページ゙
参加者の声 平成25年度
4名
参加者の声 平成26年度
8名 2ページ
参加者の声 平成26年度
5名 2ページ