• top
  • >
  • 研究プロジェクト

研究プロジェクト

H30年度市民研究員プロジェクトチーム研究内容

プロジェクト名テーマ・活動内容
プログラム1
エコイベント

「イベントにおけるごみの分別回収の徹底とリサイクル、リユース食器の利用・マイ食器持参によるごみの減量」
イベントにおけるごみ減量や参加者に対する啓発活動及び環境学習の場を提供する。
リユース食器の利用を広めると共にマイ箸、マイ食器持参の普及を図る。

エコイベント
プログラム2
手作りおもちゃと
環境学習

「廃品を利用した手づくりおもちゃの指導を通して、ごみの減量化と環境問題の啓発・意識の向上を図る」
小学校における環境学習支援、イベント時の手作りおもちゃ教室、幼稚園・公民館等での出前講座を行う。また、新しいおもちゃの考案とおもちゃの作り方マニュアル作成を行う。

手作りおもちゃと環境学習
プログラム3
エコ体験

「紙すき・水の話・エコクイズ・電気の話等を通じて廃棄物減量・エコ・持続可能な社会への実践的広報を行う」
小・中学生に対する環境学習支援や公民館等での出前講座を通してごみの減量等を啓発する。紙すきは紙パックの中のパルプを活用しリサイクルを体感させ、併せて3Rに話を広げる。水の話では、貴重な資源であることを凝集沈降やろ過等の実験で体感させる。エコクイズでは、日常生活の中で行っていることを、どうしたら地球に優しく改善できるかをクイズ形式で気づかせる。電気の話は、日本の電気がどのように作られているか学習している。

エコ体験
プログラム4
市民とお店を
エコでつなぐ

「エコを考えお買い物をする賢い消費者を増やす。
また、お店に対しては、再生品の販売促進、過大包装の減少を提案し、ごみ減量に繋げる。」
市民が分別して拠点回収や店頭回収に出している使用済み容器が、はたしてどのくらい?リサイクルされて、再生品として店頭に並び、市民が手に取ることが出来るのかその過程を学び、自信を持って、「分別すればごみが資源にとなる」ことを、市民に訴える。
拠点回収、店頭回収へのさらなる協力に取り組み、ごみ減量に繋げる。

市民とお店をエコでつなぐ
プログラム5
吹田ごみ物語編集

平成7年発行の「吹田ごみ物語」改訂にむけて、それ以降のごみ収集量の傾向を把握しながら、現在の環境・ごみ処理問題の重要課題を抽出し、将来にむけての提言をまとめる。

プログラム6
ごみ・調査研究

吹田市の「ごみ」を調査・研究し、減量・再生の啓発活動を進める活動を行う。特に現在のごみ処理実績についての資料の収集と処理について考察を行い、その結果を施設案内等に活かしていく。